効率的な低GI値食材の食べ方

低GI値食材を効率的に摂って糖化を防ごう

お腹が空いた時にGI値の高い食材を摂ると血糖値が急激に上昇してしまい、糖化のリスクも高くなってしまいます。
つまり、喉が渇いたといってGI値の高いソフトドリンクや炭酸ドリンクを一気飲みすることや、空腹時にケーキやクッキーなどをたくさん食べるなんてことはもってのほかです。
心がけたいのは、GI値の低い食材をゆっくりと良く噛んで食べること。

 

ここでは、糖化を防ぐためにより効率的な低GI食材の食べ方をまとめました。
心がけ次第で糖化を防いでいつまでも綺麗な姿を保つことが出来ます。
是非参考にしてみてください!

 

食べる順番

GI値の低い食材を意識しつつ、その食べる順番を意識するだけで糖化のリスクをより回避できますよ。
基本的に、GI値の高い食材は食事の一番最後に食べるようにしましょう。
よって甘いデザートを食べたいときは「食後のデザート」として食事の一番最後に頂きましょう。
まず、食物繊維が豊富なサラダからスタートして、メインとなるお肉やお魚、煮物などを食べて最後にご飯を頂きます。
このようにGI値の低い野菜からスタートしてGI値の高い炭水化物を最後にすることで全体的に同じ食事をしていても糖化のリスクは格段に違ってきます。
サラダがない時や苦手な人は、GI値が低い日本茶を食事の最初に飲むようにするといいですね。

 

GI値を下げる食材

GI値の高い食材を食べるときは、GI値を下げる食材と一緒に食べることで糖化のリスクを防ぐことができます。

食物繊維

豆類

乳製品

このような食材は、糖分や脂肪分の吸収を抑える働きもあるので毎食積極的に摂りたい必須食材です。
GI値の高い油物や炭水化物などをたくさん食べたい時は生野菜や納豆、牛乳やチーズなどで調整できますね。
だからといって、食物繊維や豆類だけを食べるような偏った食事は栄養面に不安がありますし、栄養バランスの乱れから肌などのトラブルを招く可能性があります。
バランスの良い食事を心がけた上でこれらの食事を活用しましょう。

 

昔の食事が理想的

昔の日本人は精製された白米ではなく玄米を主食にしていました。
玄米は白米に比べてGI値が低く食物繊維などの栄養素も豊富に含まれています。
現代の日本人は白米やパンが主流になっています。
糖化のリスクを考えて綺麗をキープしたければ、白米を玄米に変えたり、白米に五穀米を混ぜたりしてGI値を下げる工夫をしましょう。
パンであれば、食パンやフランスパンは控えて小麦の全粒粉を使ったものやライ麦パンなどに変えましょう。
炭水化物のなかではGI値が低いお蕎麦もおすすめです。